経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 紅く染まる世界と日本(後編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

紅く染まる世界と日本(後編)

このネットビジネスモデルとM&Aは、素晴らしい経営方法です。仕事の多角化として多くのノウハウがあります。

 

また自社のIoT(インターネット・オブ・シンクス)化にも導入することができます。

 

 

日本国内で現在は、中小企業経営者の高齢化と後継者不足で廃業の時代を迎えています。

 

M&Aは、人財の獲得・販路の拡大などです。スピードのある時代に時間とお金の節約にもなります。

 

そのような環境などで最近は事業承継、M&A、IoT化などの組織全体の仕組みづくりの相談も多くなっています。

 

 

力を付けた中国企業と国民が、日本ばかりではなく世界に進出する時代がきたみたいです。

 

この現象を『世界が日本が、紅く染まる時代がきた』というのです。この現象は、当分の間続くでしょう!!

 

 

中国だけに限らず『外国人お客様論』で事業に取り込みたいですね!!またネットビジネスについては、

 

事業多角化やIoT化として自社に導入したいですね!!

 

 

今年もあと1ヶ月余りになりました。早いものです!!

 

最後になりましたが、みなさまの健闘を祈念しますと同時に、良いお年をお迎え下さい!!

 

 

(東京事務所にて )

 

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

 

ページトップへ戻る