経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『成長の循環とその条件 』 前編

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『成長の循環とその条件 』 前編

みなさま如何お過ごしでしょうか?弊社では、毎年この時期は、確定申告真っ只中です!!

 

今年は、インフルエンザが猛威をふるうなか遠隔出勤でも対応しながら乗り越えてきているみたいです。

 

確定申告が終わる3月15日頃には、毎年春めいてきます。

 

 

 

ところで今日は、『成長の循環』という事についてお話をしてみたいと思います。

 

成長の循環として思いだすのが、以下の『PDCA理論』です!!

 

 

 

PDCA理論

 

① P(事前準備・計画)

 

何ごとも事前準備と計画ですね!!

 

孫子ではありませんが、戦う前に勝敗決まるという事です。

 

② D(行動・実践)


戦略に基づき行動レベルの戦術まで実践計画をするという事です。

 

行動の役割分担です。

 

③ C(チェック・内省)

 

結果として勝ったか負けたか、数字をチェックします。

 

何故、勝ったのか?

 

何故、負けたのか?

 

勝ち負けの原因を分析します。

 

④ A(再行動)

 

チェックに基づき再行動を繰返します。

 

そして人間力を基にして企業も個人も成長していくという訳です。

 

 

 

 

 

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

 

ページトップへ戻る