経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > ESG経営(永続企業)(後編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

ESG経営(永続企業)(後編)

Eとは、世界規模での地球温暖化問題や産業廃棄物問題など⇒環境(Environmental)

 

Sとは、紛争・難民問題・犯罪問題など⇒社会(Social)

 

Gとは、大企業などの不祥事⇒企業統治(Governance)

 

 

 

ところでハーバード大学の研究によると日本は、世界的に永続企業が多いそうです。

 

つまり100年以上の存続企業です!!

 

 

 

それは何故なのか?社会活動や寄付をしているからではないかと言われています。

 

つまり会社を家族とみなして、育てて、利益を出し、社会貢献をしているという訳です。

 

日本は寄付文化がないと言われていますが、そうではないみたいです。

 

 

 

色々な寄付が、会社や個人から行われています!!

 

お祭りなどの企業協賛や寄付です。

 

個人の寄付とお布施です。

 

会社に神棚を設けたりです。世界的には、このような文化はないみたいです。

 

なるほどですね!!ハーバード大学の研究の成果ですから説得力がありますね!!

 

参考にしたいですね!!

 

 

 

最後になりましたが、ご自愛ください。益々のみなさまの発展を祈念いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

(創業の地:熊本県八代事務所より )

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

 

ページトップへ戻る