経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 乱世の時代・ルール(規則)よりディール(交渉)(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

乱世の時代・ルール(規則)よりディール(交渉)(前編)

みなさまいかがお過ごしでしょうか?今年も異常気象の波で自然災害が、世界中で起きて

 

何かと落ちつかない日々が、続いています。政治や経済においても一緒です!!

 

アメリカが、色々の国際規律を乱してきていますね!!

 

 

・乱世の時代の本格化でしょうか???治世とは、政治経済が安定している時代です。

 

 

乱世とは、政治経済が不安定な時代です!!

 

歴史学者の研究によると治世乱世の繰り返しの人間の歴史は、100年毎に繰り返すと言われています。

 

19世紀は、産業革命により北欧の時代。

 

20世紀は、軍事力による経済力で北米の時代。

 

21世紀は、間違いなく政治力(独裁)による軍事力と経済力でアジアの時代です。

 

世界人口の分布図と経済の成熟度および人口ボーナスを観ればわかります。

 

ある意味・・・成熟国で課題先進国の日本の時代かもしれません。私は、アジアの時代において

 

地理的優位性と日本のユニークさでその様に考えています。

 

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

ページトップへ戻る