経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『帝王学』について(後編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『帝王学』について(後編)

そもそも組織学と心理学ですので、人生において家庭、会社、いろいろな団体で活用する事が出来ます。
人生を生きて行く事が楽になった気がします。

 

それは何故なのかというと、帝王学の中では戦いの中で常に『敵』が出てきます。
ところが今の世の中では、戦争時でもありませんし敵などいません。
ところが、人は常に組織の中で生きています。
家庭・学校・会社・国家・地球・宇宙など友達関係もそうかもしれません。

 

そこで現代では、この帝王学を会社経営など組織運営の方法として広く学問として勉強されています。
今日勉強するときのキーワードが、先ほどの『敵』という言葉を『問題』という言葉に置き換えて勉強すると、ことごとく会社経営など人生に有効に活用する事が出来ます。

 

人生において、会社経営において『問題』がない人なんてありえません。
『問題』を『問題』と思わず、『問題』を自分の人生など会社の成長に必要なものとして生きていきたいですね。
帝王学について勉強されたい方がありましたら、弊社経営統括室までご連絡下さい。
案内などをさせて頂きます。

 

来月は12 月号で今年最終号なので、21 世紀の世界観について話をしてみたいと思います。

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る