経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 「実行力」(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「実行力」(前編)

東京は今、雨です。予報では今週1週間くらいは雨だそうです。
4月の桜が長く咲いたり、いきなり入梅みたいですね。10年前は異常気象という言葉がありましたが、異常気象が正常となったような気がします。

 

会社経営もすっかり10年前とは変り、21世紀になって変ってしまったものだとつくづく思います。
アメリカを中心とした先進国の時代から、BRICsを中心とした新興国の時代へ変ってしまったみたいです。アジアを中心とした新しい夜明けを感じます。時代と共に変りゆくものと、時代が変っても変わらない普遍の哲理については、見極めておきたいものです。

 

今日は行動力と実行力について話をしてみたいと思います。
人間は考える葦であるがゆえに、色々のことを思考する事ができます。歴史を調べ、原理原則を知り、普遍の哲理と哲学を学ぶ事ができます。私がいつも思うのは、思考した分だけ同等の仮説検証で行動するように心がけています。勉強だけで終わっても意味がありませんし、考えることなく作業で流されても成果という喜びが得られないからです。

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る