経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『スティーブ・ジョブズに想う』(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『スティーブ・ジョブズに想う』(前編)

みなさま如何お過ごしでしょうか?
もう12月で、毎年のように今年もアッという間に1年が終わります。私も社会人になって28年、来年で29年になろうとしています。

 

いま私の頭の中は、スティーブ・ジョブズの事で支配されています。
彼が世の中を変えたという影響力もですが、それ以上に一人間としての生きざまについてです。必要に迫られてアイホン・アイパッド・クラウドを今は使っています。私も小さいながらも一経営者です。顧問先のみなさま方も事業者であり経営者のみなさまです。
そこでジョブズの名言の中で『もし今日死ぬとしたらこの仕事をするだろうか?』という内容の名言があります。最期は、癌と闘いながら製品開発を進めてきたジョブズの言葉なので説得力と生き様が凄いですね!! それに比べれば、私なんかはチョロイですね!!

 
私がこの名言で想うのは、理想=目的=答え=生きざま・・・からの経営です。私自身も色々の会社を経営しています。
また立場上、会社経営についていろいろの相談を受けます。相談を受けた時に一番大事にするのは、その人の考え方と理想の姿、つまり目的を一番大事にします。私流の『答え』からの経営です。答えとは、その経営者自身の人生観・死生観・仕事観で違うものです。目的と理想が分かれば問題の8割は、解決できると考えています。後はそのための戦略や戦術の問題です。目標は、そのための手段であり通過点です!!
『ジョブズならどう考えるだろうか?』これがいま流行の言葉みたいです!!

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る