経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『ポジティブ心理資本について』(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『ポジティブ心理資本について』(前編)

いま熊本は、桜が満開です!!
東京・大阪よりのお客さんの関係で、久しぶりに熊本城へ行きました!!ひとひと人で外国人観光客も多く賑わっていました!!
今年も新年度で景気良くバリバリ行きましょう!!

 

現在は、就活大学生にとり氷河期みたいです!!企業は、ポジティブ心理資本を備えた大学生を求めているそうです。また、社員に対してもポジティブ心理資本を持つように教育を始めているみたいです。

 

バブル崩壊後20年余りが経ちました。右肩上がりの時代から、すっかり右肩下がりの時代になりました。先進国の停滞とBRICsの成長により世界経済などは、21世紀になり様変わりしました。20世紀の成功モデルが完全に崩壊し、21世紀は答えがない時代だと言われています。いままでの成功体験とモデルが、通用しない時代です。

 

この様なときに『ポジティブ心理資本』を備えた人財が、時代を切り拓き時代を創っていくそうです。
私が想うに本人のポジティブさ故に、いつも夢と目的と目標を持ち前向きに考え行動できるので、時代を切り拓いていくのではないかと想います。これは顧問先のお客様を観て、その様に確信しています!!

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る