経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『社長が絶対に譲ってはいけない一つの事』(後編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『社長が絶対に譲ってはいけない一つの事』(後編)

それでは何を護るのか???3つあると言われています。

 

1.従業員とその家族を護る!!

まず全ては、人財という従業員とその家族を護る事です!!会社は、雇用を生むという社会的貢献があります!!従業員×3人が、会社から何らかの経済的影響を受けていると言われています。

 

2.お客様を護る!!

従業員の次にお客様を護る!!お客様は、従業員を通して何らかのサービスや財貨を購入して満足をしていただいている大事な方々なのです!!

 

3.商品を護る!!

お客様が満足し社員や家族ひいては企業が存在存続できるのは、サービスや商品に対する満足があるからです!!

 

この3つを護る事が、会社を護るという事になるのです!!

 

社長が、なぜ会社を護るのか?何を護るのか?分かっている様で分かっていないものです!!

 

特に厳しい時ほど!!問題が発生した時ほど!!肝に銘じたいものです!!

 

いよいよ今年もラストスパートの時期になりました!!

 

皆様の健闘を祈ります!!

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る