経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『帝王学言語集』について(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『帝王学言語集』について(前編)

早いものですね!もう12月です!!今日よりベトナムです。一年中移動の連続なので季節や祭日など感じる事が あまりありませんね???師走もそうです!長期休暇の時には、一人でのんびり時間を無駄に過ごす事が好きです!!

 

ところで12月という事で1年の〆として『帝王学言語』についてまとめてみたいと想います。年齢を問わず帝王学を勉強されているお客様が多く、私自身の人生の判断基準だからです。

 

そもそも帝王学とは、何なのか?帝王学の意味もですが、そこで出てくる言葉についても、その語句の意味を知らなければ理解が出来ません。日常的に漠然と使っている言葉という語句自体に、意味があり価値があるのですが???

聖書ではありませんが、言葉ありきが人生です。

 

帝王学とは、歴代の王家やリーダーになる人たちが学んできた特別教育だと言われています。中身は政治学・組織学・哲学・心理学などであり人間学です。原理原則を学ぶ学問です。

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る