経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『 経営と運営』(前編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『 経営と運営』(前編)

早いもので今年ももう10月です!!

 

ところで先ほど大型台風が、静岡県浜松市に上陸したそうです!!いま熊本ですので東京などの災害が心配です!!こんなに自然災害が続くと異常気象が、当たり前の時代となりましたね。世界経済もかつてないほど不安定な時代です!!

 

ところで最近いろいろな若手経営者の方から聞かれる事についてお話ししたいと思います。

 

それは『経営とは、なんですか?経営者とは、どんな仕事をするのですか?』という素朴な質問です。明確に答えられる人が、どれほどいるのでしょうか?自分を含めて経営者の方々で分かっている様で分かっていないのが、本当のところではないでしょうか???さすが若手経営者の方々は素直です!!

 

経営とはなんですか?と質問を受けた時に帝王学の教えで以下のように説明しています。

 

経営の『経』は、筋道を立てる事!!何に筋道を立てるのかと言うとそれは、人生資源であり経営資源である人・モノ・金・情報・時間という5大経営資源と説明しています。

 

経営の『営』は、一生という意味で営みという意味です!!と説明しています。

 

つまり『経営とは、経営資源に筋道を立てて使う一生の営み』という事になります。経営の意味が分かり始めて経営ができ、経営者となるのではないでしょうか?そう言われると私も心配になりますが・・・。一経営者として先人経営者と会社研究は、死ぬまで続きそうですね!!経営資源の意味が分かり、経営資源をどう仕掛け(仕組む)ていくのか???いつの時代も時代環境により進化・変化していきますね。また、業種や規模によりその考え方も千差万別です。経営は生き物で経営業とは、指示判断業務ですね!!

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

ページトップへ戻る