経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『働き方改革』(後編)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『働き方改革』(後編)

・働き方改革の原因とその対処方法における考え方とその効果!!

 

(原因)

まず政府が働き方改革を叫ぶ原因は、上記の通り人口減社会における人手不足とグローバリジェーション時代における労働生産性の向上と賃上げのためです。

 

(対処方法と考え方)

それであるならば経営の仕組みを根本から変えるくらいの覚悟で社内の労働生産性という仕組みを見直してみる必要があります。昨日までのやり方考え方で良いのか?仕事の棚卸しとその洗い直しです。単純労働などの人に変わる部分のICT・IoT・AI・ロボット・クラウドなどへの置き換えです。そして無駄な仕事を省く事です。日本全国に同業他社を含めてその導入事例は、たくさんあります。それを導入して生産性を上げる必要があります。

 

(効果)

企業は売上を上げる事については、いつの時代も必死です。ところがどんなに頑張っても利益が出ないという時は、経営のカラクリとしてその仕組が悪いことが多々あります。販売についての仕組み。企業内部という生産性の仕組み。そしてこの2つをつなげている仕組みについて、いま一度見直してみては如何でしょうか?

 

今から本当の人口減社会が来ます!!またグローバリジェーションは、始まったばかりです。それであるならば徹底的に働き方改革と経営の利益がでるカラクリという仕組みについて、仕事の棚卸しで昨日までの仕事のやり方を見直してみたいものです。

 

最後になりましたが、初秋になり肌寒い季節となりました。健康にはくれぐれも注意され、益々のみなさまの健闘を祈念いたします。

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会議長兼社長 石本義弘

ページトップへ戻る