会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

年金について(前編)

桜の花も満開となりいい季節になってきました。
わたしもお隣の中央病院さんのお花を十分満喫しました。
桜には日本の心があるような気がします。

 

さて、今月は年金についてです。
年金支給の年齢が段階的に引き上げられて2025年には65歳支給になります。年金支給年齢が引き上げられれば、当然60歳定年となり、退職後年金をもらうまでの5年間の生活費をどうするかと言う事になります。

そこで企業は定年の引き上げ、定年の廃止、継続雇用の導入を国により義務付けられます。

 

今までは、60歳過ぎても再雇用の時に年金があるから、安い給料でベテランの人を雇用することが出来ました。(定年後の給与は、給料、年金、高齢者雇用継続給付金、を使い設定することができました。)

また、企業にとって必要ないと思う人は、労使協定で再雇用を拒否することができます。

しかし、来年度以降再雇用されなかった人は、無収入になります。貯蓄のある人は別ですが、今の現状で5年間生活できるほど貯蓄のある人は、そうたくさんはいません。

 

企業は、今まで年金分の給与が低く設定できたのが出来なくなります。また社会保険の会社負担部分も減らないことになります。社会保険の会社負担部分は業種によっては、今でも会社の資金繰りに大きく影響を及ぼし、消費税と同様に延滞の額が増えています。

また、高齢者の雇用が伸びれば、学卒の就職先も狭き門となってきます。現状でも、大卒者のうち就職できているのは、6割くらいではないでしょうか?特に熊本では厳しいようです。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る