会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」(前編)

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?私は毎年恒例の箱根駅伝を見て、また感動の涙を流し、穏やかなお正月を過ごしました。5日からお仕事が始まり、皆ねじり鉢巻きで年末調整に没頭しております。

 

今年最初のたいせい通信は「春財布」お財布を変えるならば今です、経営者のお財布についてです。ある税理士の先生が書かれたお財布のお話「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」

 

長年稼ぎ続けている社長というのは、おしなべて「美しい財布を使っている」そしてそのほとんどが、高級感のある、見た目もスマートできれいな「長財布」です。そしてこの先生自身も二つ折りタイプの財布から長財布に変えてから収入もぐんとアップしたそうです。以前お札はおらないほうがいいというお話しましたがお財布は長財布です。

 

今からご紹介することは成功しているビジネスパーソンから聞いた話を基に先生が実践し効果を上げていることです。

 

「人生に迷ったら財布を変えなさい」

 

きれいな高級感のある財布「美しい財布」を持つことにより、自然とそれに見合うようなお金の扱い方をするように気持ちが変わります。中小企業のお金の使い方、資金繰りは会社の預金通帳と社長の財布この二つです。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る