会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > もし、わが子が不登校になったら(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

もし、わが子が不登校になったら(前編)

若葉薫る5月です。連休を楽しく過ごされましたでしょうか?

 

ゴールデンウィークも終わり日々過ごしやすくなってきました。新一年生も学校にそろそろ慣れてくる頃ですが、先日ある新聞を見ていると「もし、わが子が不登校になったら」と言う連載記事を見つけました。

 

なんとなく気になったので不登校について調べてみました。

 

全国の小学生、中学生の不登校の数は11万2,400人超です。

 

小学生2万1,200人(304人に1人)中学生9万1,100人(38人に1人)その他教育学校100人(80人に1人)くらいの数字です。これでも少しずつ減少しているとの事で大変驚きました。

 

何かが改善されて減少しているのではありません。

 

少子化に伴い減少しているだけです。

 

その中には皆様よく耳にされるいじめも当然ありますが、いじめの原因の追究よりも子供の自信を育てる親になれ!と書かれていました。

 

自分の子供が不登校になったら親は必ず「なぜ?」と思うでしょう。原因がわからないまま嘆いていると思います。

 

そこには環境の変化、友達、親子の関係、など日々の生活の中で子供もストレスを抱え続けて、気力や自信を無くして不登校になってしまうようですが、これは子供の「助けて!」の信号だそうです。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る