会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

花燃ゆ(前編)

1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言いますが、年明け後あっという間に1月が終わってしまいました。あらら。。。ぼやぼやしていたら、今月もあっという間に終わってしまいそうです。3月15日の確定申告期限を控え、2月は弊社では1年のうちで最も忙しい時期となります。本日は節分の日、気合を入れて乗り切らねばと自分自身に喝を入れています。

 

さて、今日の話題は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」

 

歴史もののうちでも、NHK大河ドラマは大好きで、毎週楽しみに見ています。今年は吉田松陰の妹、文が主人公です。文のことは知らずとも、吉田松陰を知らない人はいないでしょう。明治維新で活躍した志士を育てた吉田松陰。彼は30歳の若さで亡くなってしまいますが、その門弟たちは松陰の教えを胸に抱いて、困難にめげず志を持って常に前を向いて力強く生き抜きました。

 

吉田松陰はたくさんの言葉を残しています。そして、それらの言葉は今の世の中にも通じる言葉でもあり、学ぶべきことが散りばめられています。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る