会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > パートタイマーの年収について(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

パートタイマーの年収について(前編)

ゴールデンウイークもあっという間に終わり、法人の申告件数の一番多い5月がスタートしました。

 

今年のお休みはお天気も良く過ごしやすくて良かったです。皆様どのように楽しまれましたか?どこへ行っても人・人・人で大変でした。代々木公園のシンコ・デ・マヨ(メキシコの休日5月5日)のフェスティバルと茨城県へ出かけましたが、所要時間は車の中12時間、遊んだ時間は賞味3時間でした。

 

かなり疲れました~

 

さて今月はパートタイマーの年収で、よく耳にする103万円130万円についてお話します。

 

なぜ103万円なのでしょうか?

 

給料の1年間の合計金額が103万円の場合、給与所得控除(サラリーマンの経費)が65万円ですので103万円—65万円=38万円(基礎控除の金額)で所得は0円になります。(税金は発生しません)

 

一つの家族の中でお父さんの扶養に入れるのは収入が103万円以下の人です。

 

ですが住民税は住所地の条例により多少の差はありますが、一般的には基礎控除が33万円ですので少額7,500円が課税されます。

 

ここまでが税金の課税されない扶養の範囲です。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る