会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

孤独死について(前編)

若葉の季節となり、爽やかな日々でしたが、最近暑い日が続いております。

今年は早くから暑くなりそうですね。

 

そんな中、鬱とうしいお話かもしれませんが、最近目についた本が「孤独死大国」という本です。

 

50歳未婚は過去最高になり、一生独身率が上昇し続けているそうです。

上昇のきっかけの一つは男女雇用機会均等法だと言われています。

男性に頼らず自立できる女性が増えたのでしょう。

男性の「生涯独身でもOK」の理由は

 

 

  1. お金を自分のためだけに使えるから
  2. 妻子を養っていく自信がないから
  3. 一人の方が何かと気楽だから

 

 

これがベスト3です。しかしこれが後々大変な悲劇を招くことになるのです。

 

単身世帯が年々増加し、それにつれ「孤独死」⇒誰にも看取られることなく独り部屋で最期を迎える。ひとり暮らしの高齢者が自室内で死亡し、死後しばらくしてから遺体が発見される。

 

特に地方よりも都会、東京は2015年のデーターによると男性4,995人、女性2,683人一年間で7,678人が孤独死している。一日あたり21人が孤独死している。今ではもっと増えていると考えられます。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る