会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 百年企業サークルで学んできたこと(後編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

百年企業サークルで学んできたこと(後編)

若松さんがなぜこれに取り組んだかと言うと、自分の古里に何もないから、双海町出身の若者が自分の古里を語れないというところからです。
若松さん曰く、人間は生まれた時は99.9%みんな一緒だそうです。
違いは、

 

① 本を読む → 読んだことを書く
② 人の話を聞く → 聞いたことを話す(人に自分の心を伝える)
③ 色々な物を見る → 見たことを実践する

 

人の為に球拾いができるような人がリーダーであると話されています。
とてもユニークな人柄と、次から次へと出てくるアイデアで色々な人を巻き込み、すばらしい町にされました。
是非一度行ってみたいなと思いました。

 

こんな風に観光カリスマ100 選に認定される人々は、皆さん思いが強く、思いの強さ、志の強さが成功への源となっています。
九州での「宮崎をどげんかせんといかん!」というのと似てますね!

 

企業の差は現場の考える力の差、10年後は必ず来ると思って考えて行動する。
成長とは、小規模の家業の時代だから出来ていたことを、大きくなっても情熱溢れる経営を続ける。
小さい家業だからこそ出来ていた情熱溢れる「一人のお客様の満足と一人の社員の幸せ」の実現をより高めながら進む。
このことを原点とし、勉強し続けていきます。

 

ありがとうございました。

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る