会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 『人在』は転職すると『人罪』になる(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『人在』は転職すると『人罪』になる(前編)

2月になりましたが、「毎日寒いですね~」がご挨拶になっています。
早く暖かくなれと言いながら東京、熊本、大阪とぐるぐる回っています。
いよいよ確定申告の季節になり大繁忙期です。風邪を引かないように気合を入れ直してみんなで乗り越えます。

 

その前にちょっと勉強しようかなと思い本を読みました。その中に『人在』は転職すると『人罪』になるというのが目に入りました。
「東大卒でも赤字社員、中卒でも黒字社員」本のタイトルです。

 

なぜかと申しますと、もちろん弊社も年に何人かはいろいろな部署で退職者が出ます。
理由は様々ですが…自分の子供と2年ぐらい前に話したことを思い出しました。長男が就職してしばらくした時に「お母さん3年したら辞めていいとよね」と言いました。
どうして?と聞くと「だって3年頑張れって言ったじゃない」と。私は思わず親であることを忘れ、「私があなたの会社の社長ならばたった今辞めてもらう。」と怒鳴りました。
長男は目をぐるぐるしながらどうして?と聞きました。

 

「学校を卒業して何もできない若造を雇って、毎月お給料を払い、そのうえ仕事まで教え、会社は損している。
どうして儲からないのに給料払ってくれてると思ってるの??会社は、将来仕事を覚え活躍し会社に利益をもたらしてくれると期待し、先行投資をしているのよ!自分が、手元にもらう給料よりも、もっと会社はお金をあなたにかけている。3年経ってやっと一人前になった頃、辞めてもらうなら会社は何をしてきたか分からない。会社経営はボランティアではない。だから辞める時は自分が頂いたお給料のせめて3倍は会社にお返ししてから辞めなければダメ!それができないなら、すぐ辞めろ!」などと話したのを思い出しました。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る