会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 『人在』は転職すると『人罪』になる(後編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『人在』は転職すると『人罪』になる(後編)

何とか今年で5年目を迎えますがまだ赤字社員のようです…???
新卒で入社後3年以内に辞める人が3割もいるといわれています。とても残念なことです。
ここで言っている赤字社員は会社の利益を減らす人、黒字社員とは利益を増やす人と定義づけています。

 

新入社員はもちろん赤字社員です。初めのうちは当たり前ですが赤字社員は転職してもやはり赤字社員になる人がほとんどだそうです。
「かなり」「少し」を連発する人は赤字社員。「俺の給料は、時給にしたら●●以下!」と言ったら赤字社員。

 

なぜ黒字社員はカラーコピーを使わないのか?黒字社員は「一人あたりのコスト」を考えて動く。黒字社員の第一歩は仕事を頼まれたら早く明るく返事をする。それぞれの立場で考え行動できる黒字社員が一人でも多く育ってくれるとうれしいですね。

 

仕事の能力と給料は大事ですが、給料以外にその人に与えられる報酬がお客様から頂く「ありがとう」だと私は思っています。
「ありがとう」と言っていただくとうれしくてまた何か役に立ちたいから勉強する。
そして成長しまたお客様からありがとうを頂く、これを繰り返していくから仕事で成長していくのです。仕事にやりがい生きがいを見出していきます。まさに黒字社員ですね

 

またたくさんの方に笑顔でありがとうと言っていただけるよう頑張ります。

 

ありがとうございました。

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る