会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 中国へ行ってきました。(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

中国へ行ってきました。(前編)

皆様新年明けましておめでとうございます。お正月いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は12月30日に東京より帰り熊本でお正月を迎えることができました。今年はどんな年になるのかなと、わくわくしています。
個人的には健康管理に注意し楽しく仕事が出来るようにします。

 

昨年12月に中国へ行ってきました。まずはそのお話からします。
久しぶりに行きましたがすごいスピードで発展しているなと感じました。一番は洋服がみんなお洒落になっていました…

 

中国へ行ったのは中国の記帳代行会社の視察です。
弊社もベトナムで記帳代行をやっていますが、もっともっと大きくて進んでいました。スタッフ全員日本語が喋れてそれぞれが読み書きも出来ます。とても勉強になりました。そこは上海から一時間くらいの所、蘇州です。日本で報道されているような感覚は全く感じられない場所でした。

 

蘇州に工業園区と言う場所があります。園区の中には中国とシンガポールが共同で作った街、雰囲気も中国とは少し違っていて西洋風、国際合作の成功モデル地区があります。
園区の発展目標は「国際的な競争力を有するハイテク工業パーク」国際化、近代化、情報化の生態型、革新型のニュータウンです。
エリアは6つに分かれていて、科学技術革新、近代サービス業促進、生態保護産業促進、商業貿易物流業促進、ハイテク技術産業促進、レジャー観光リゾート促進エリア、となっています。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る