会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 毎日の飲み物を水に変えました。(後編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

毎日の飲み物を水に変えました。(後編)

黒酢に戻りますが、私は鹿児島県福山町で自然のお水とお米と麹をつぼで熟成させて作られたつぼ造り純米黒酢を飲んでます。生活習慣病はまさに生活習慣が大切ですが、人間も年を取るにつれ血液も古くなります。《瘀血》は、どろどろしたねばっこい血、これが原因です。血液の成分をはじめ、それによって運ばれる酸素や各栄養分のバランスが保たれて、健康な体を維持していくことが出来ます。

 

頭が痛い、肩が凝る、手足が冷えるなどの自覚症状があって、検査を受けても異常なしで終わることが多いと聞きます。この未病と言われるときにきちんと治療を受ければ、再び健康体に戻れる段階だそうです。なんでも続けることが大事です。水も黒酢も飲み続けてみようと思います。

 

最後に女性の皆様へ・・・
エジプトの女王クレオパトラ:絶世の美女と言われたその美しさと賢さで、ローマ帝国の英雄シーザーとアントニウスの両将軍を恋の虜にしたことはよく知られています。
このために、ローマ人からは「ナイルの魔女」と罵られましたが、強大なローマ帝国に対抗してエジプトを守ったヘレニズム世界最後の女王として、その悲壮な努力はシェイクスピアをはじめ多くの人々の物語となり、広く語り伝えられています。

 

ある日、アントニウスから「一回の食事で約100億円の財産を使い切ることができるか?」という賭けの申し出がありました。そこで賢く、負けず嫌いのクレオパトラは、数日間考えた末、当時世界で最も珍重されていた天然真珠の中でも最大の球を酢に溶かして飲み干したというのです。見事に賭けに勝ったのはもちろんのこと、その後さらに一段と美しくなったと言う有名な逸話が残されています(若さを保つ浄血革命の一文です)。

 

昔、酢は調味料というよりも、飲料として貴重に取り扱われていたそうです。最近はデパートなどでも飲む酢のコーナーが広く出来ています。黒酢飲んでみて下さい。

 

ありがとうございました。

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る