会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

暮と言えば大掃除ですね(後編)

片づけは動作の終わりでなく、スタートのきっかけだと、本で読みました。
例によると、ある人がガーデニングのセットを3年くらい使わないで置いてあったそうです。片づけながら、「これはどうしますか?」と聞くと、「取っておく!」と言われたそうですが、「3年も使ってないならば、この先また3年は使わないはずだから、捨てたほうがいい。」とアドバイスしましたが、なかなかその人は譲りませんでした。「今ガーデニングを始めるか、捨てるか、どちらかにしてください!」と言うと、「今からやります!」と言って始めたそうです。
新しい事を始めるきっかけになる片づけは、人生を変えるための一歩ではないでしょうか?

 

そしてまた、仕事が出来る人は片づけ上手です。
優先順位をすばやく判断し→物事を決断し→処理していく→だから仕事も上手くいきます。片づけの出来る人は仕事が出来る人、片づけはお金を生み出します。

 

じゃあどうやって片づけ上手で、仕事の出来る人になれるのでしょうか? 片づけで躓かないためには

 

①入手可能は捨てる
②勇気で捨てる
③いつか使えるは捨てる

 

捨てる基準は。使える・使えないではなく、使う・使わないです。収納スペースを増やさないことが、物が増えないコツです。
物の置き場所所定の位置を決め、使ったら元に戻すなど、片づけを習慣化し、人生を好転させたいものです。自分の今の身の回りの状態が未来の状態と思い、今からでも片づけについて勉強しなおします。

 

今年は大震災が起こり大変な年でした。厳しい経済状況の中、復興に向け、来年も頑張らなければなりません。
弊社も熊本、大阪、東京、とたくさんの皆様にご支援いただき無事に終わる事が出ます。心から感謝いたします。

 

また来年もよろしくお願い致します。ありがとうございました。

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子