会計用語集

会計用語集

ひと言に会計用語といっても、会計の基礎に関する会計用語から、会社設立に関する会計用語、財務分析に関する会計用語など様々なジャンルにおける会計用語があります。経営者、経理担当者の皆様、わからない単語や用語を、ここで調べてみましょう。

アウトソーシング

自社の業務や機能の一部または全部を、専門業者の外部の企業に委託することをいいます。  情報システムの構築などでは、多くの場合、外部委託にしたほうが、コストが削減できます。経営資源を補完する方法の一つです。その他にも文書入力や一般事務など、委託を取り入れる動きがあります。収益部門以外はアウトソーシングでいい、という考えです。 従来、企業は多角化かつ総花的な経営をしてきました。ところが最近の流れは「選択と集中」です。不採算部門は思い切って整理し、収益部門に重点的に資源を配分する。つまり、コアコンピタンス(中核事業)で業界のシェア一位を目指し、それ以外からは撤退する。こうしないとグローバルな大競争時代には生き残れません。

 

 

アウトソーシングは、かつては元請けや下請けのような上下関係によるものや周辺業務に限られていました。しかし最近では、人事や経理などの管理業務から、製造、物流、研究開発、営業販売に至る幅広い機能を外部の専門期間に委託する企業が増えています。そこには、コスト削減効果はもちろんのこと、自社で行うよりも高い付加価値が享受できるという戦略的判断が働いています。

 

 

その一方で、外部資源の利用には、情報流出のリスクや、社内にノウハウが蓄積されないといったデメリットも存在します。経営のスピードや高い効率性が求められる競争環境おいては、自社に必要な機能や能力を十分に見極めることと、メリットとデメリットを考慮しながら外部資源の有効利用を考えることが重要です。

 


Fatal error: Call to undefined function make_monthly_archive_link() in /home/taiseikeiei/taiseikeiei.co.jp/public_html/blog/word/wp-content/themes/ecco/index.php on line 73