会計用語集

会計用語集

ひと言に会計用語といっても、会計の基礎に関する会計用語から、会社設立に関する会計用語、財務分析に関する会計用語など様々なジャンルにおける会計用語があります。経営者、経理担当者の皆様、わからない単語や用語を、ここで調べてみましょう。

売上原価率

売上原価率

売上高に占める売上原価の構成比率をいう。

会社が商品やサービスを仕入れたり、製造する時にかかる費用のこと(仕入・製造原価)

売上原価率は、会社の収益力を示す指標の一つで、原価比率が上昇している場合は、

売上原価がかさみ、利益を確保しにくい状況になっている。

また、売上原価率と表裏の関係のある指標が粗利益率という。

売上高に占める粗利益の構成比率であり、商品(製品)やサービスの利益率が高いかを

示す。売上原価率と売上総利益率を合計すると1(100%)になる。

一般に売上原価率は、業種や業界・企業規模などによって大きく異なる。よって財務分析を

する場合に、企業の時系列での数値の変化や、同業の競合企業等の数値を比較するなど

必要である。

売上原価率(%)=(売上原価÷売上高)×100