会計用語集

会計用語集

ひと言に会計用語といっても、会計の基礎に関する会計用語から、会社設立に関する会計用語、財務分析に関する会計用語など様々なジャンルにおける会計用語があります。経営者、経理担当者の皆様、わからない単語や用語を、ここで調べてみましょう。

変動費

変動費は、販売量または生産量にたいして比例的に増減する原価のことである。

変動費+固定費=総原価となる。

企業などが継続して活動していく上で、売上高に比例して増えていく費用をいう。

これは、売上高や生産数量の増減、操業度の高低に伴って、比例的に増減する性質を持つ原価のことである。

例えば、製造業では、原材料費、原部品費、外注加工費、直接労務費、荷造包装費・運賃、動力費・燃料費などがあり、

流通販売業では、仕入原価が代表例で、販売手数料やリベートなどがある。

また、変動費に対して、企業などが継続して活動していく上で、売上高の多い少ないに

関わらず発生する費用のことを「固定費」という。

財務会計上では、原価を「固定費」と「変動費」に分けて把握する必要はないが、管理会計上においては「損益分岐点」をチェックする際には把握する必要がある。

ちなみに、損益分岐点とは、売上高を増減させた場合に損失と利益が分岐する点であり、すなわち利益がゼロとなる状態のことで、

これは固定費全額を賄った上で、残った売上高と変動費が等しくなる水準であるため、算出式は下記のとおりである。

損益分岐点=固定費÷{1-(変動費÷売上高)}

 


Fatal error: Call to undefined function make_monthly_archive_link() in /home/taiseikeiei/taiseikeiei.co.jp/public_html/blog/word/wp-content/themes/ecco/index.php on line 73