会計用語集

会計用語集

ひと言に会計用語といっても、会計の基礎に関する会計用語から、会社設立に関する会計用語、財務分析に関する会計用語など様々なジャンルにおける会計用語があります。経営者、経理担当者の皆様、わからない単語や用語を、ここで調べてみましょう。

交際費

交際費とは、得意先・仕入先そのほか事業に関係あるものに対して接待・供応・慰安・贈答などのために支出した費用のこと。

専ら従業員の慰安のために運動会・旅行等に要する費用は除く。(福利厚生費)

飲食等の為に要する費用であって、支出する金額を参加人数で割った金額が5,000円以下は除く。(会議費)

1人当たり5,000円以下の飲食については、人数や相手先の氏名等の記録した資料の保存が必要である。

しかし、税法上、交際費は無駄なお金であり、資本充実を害することで、損金に参入することに制限を用いている。(交際費課税という)。

特に資本金が1億円を超える企業では、交際費は一切損金として計上できない。このため、交際費は税負担が大きな費用となる。

資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人に係る交際費課税について、平成25年4月1日以後に開始する事業年度から、

定額控除限度額(注3)が年600万円から年800万円に引き上げられる。

定額控除額に達するまでの金額の損金不算入額が0とされた。

ただし、平成25年3月31日までに開始する事業年度については、定額控除限度額に達するまでの金額について10%は損金の額に算入されない