会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 原発問題について(後編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

原発問題について(後編)

日本はいつ電気が止まるかわからない状態にあるのではと思います。

 

今度値上げされるであろう消費税もどこへ行くかわかりません。

 

そう考えると原発はやっぱり必要なのでは?

 

もちろん福島問題は解決しなければなりませんが、国民全体で燃料費の負担(電気料金の値上を引き受ける)をするならば別ですが・・・

 

今の時点では全体的に世帯年収が下がっている現実がありかなり難しいと思われます。

 

世界を見てもエネルギー自給率の低い国は原子力です。韓国、ベルギー、フランス。放射線に対する認識を正しく学び理解する必要があります。

 

放射線被曝によるがんのリスクは?

 

日本人は年平均2.1msvの自然放射線を浴びています。100~200msvでがんになるリスクは野菜不足の生活と同じ程度、運動不足や肥満より低い。喫煙は1000msvに相当するそうです。大したことではないと簡単に片づける事は出来ませんが、私たちの生活や未来の子供たちの事を考え正しい認識をもって原発問題にも取り組んでいってほしいと思います。

 

とにかく原発をなくすならば全部なくす、稼働させるならば安全安心を確保して稼働させると、どちらかに決めてほしいものです。

 

ありがとうございました。

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る