会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

徳洲会(前編)

いよいよ今年最後の月、12月です。今年は皆様にとってどんな年でしたか?やり残したことはありませんか?振り返ってみると色々な事がありましたが、無事に過ごせた事に感謝です。

 

今月は今話題の徳洲会です。もう10年以上前ですが、弊社で講演会を主催した時に徳田虎雄さんに講演して頂いた事があります。その時期に徳田さんの本も何冊か読んでいました。

 

徳田さんは、愛が夢を育て、夢への全力投球が成功の哲学と言っています。徳之島に生まれ小学校3年の時、弟が病気になり病院で見てもらえなかったのをきっかけに医者になろうと決め、徳之島高校から大阪の高校に転校し、阪大医学部に入り医者になりました。勤めた病院で職員が労働強化だと言って救急医療に反対するのに失望し、患者のための病院を作りたいと思い、お金がなかったので銀行受取にした保険を自分にかけて徳田病院を建てました。

 

これが徳洲会グループの第一号です。

 

徳洲会の理念は、

 

生命を安心して預けられる病院。
健康と生活を守る病院

 

理念の実行方法は、

 

 

  1. 年中無休24時間オープン
  2. 入院保証金、室料差額(大部屋)、冷暖房費等、一切無料
  3. 健康保険の3割負担も困っている人には免除する
  4. 生活資金の立替供与をする
  5. 患者からの贈り物は一切受け取らない
  6. 医療技術、診療態度の向上に絶えず努力する

 

患者さんの気持ちに寄り添っています。このお話を聞いたとき、休日は見てくれる病院を調べなくても徳洲会病院がそばにあればと思いました。徳田さんは自分の大きな夢を現実のものにすべく全力投球で日々行動し目標以上の事を成し遂げてきました。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る