会長室から、こんど~です

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

マイナンバー(前編)

7月は七夕の季節ですね。熊本はまだ梅雨明けまでしばらくかかりそうですが、それにしても九州方面は集中豪雨がすごくて、被害続出ですね。陣中お見舞い申し上げます。熊本本社前の道路は何度も大雨の為、道路が冠水して困っています。

 

さて今月は半年後に運用開始が迫った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」についてお話します。最近ネットでマイナンバーに関しての問い合わせがありました。

 

【問い合わせ】

昼間OLをしていて、夜も働いてます。マイナンバー制度が開始されると夜働いていることが昼の会社や周りにばれてしまうのでしょうか?また税金はどうなるのでしょうか?

 

【回答】

マイナンバー制度運用開始になっても、確定申告をして昼と夜の収入合計の住民税が行政から会社に特別徴収の通知書が送付されなければわからないと思います。夜のお仕事で税金が引かれていれば、とりあえず今のままでいいのではないでしょうか?それにマイナンバー制度を導入されても全員の収入や税金の確認をするのは大変ですので、先々は統一されてくると思いますがすぐには出来ないと思います。

 

という説明にお問い合わせの方はとりあえず安心して帰られました。

 

ほとんどの方がアルバイト収入を申告していない事を気にされます。もちろん合わせて確定申告をしなければなりません。サラリーマンの場合は、給与所得とは別の収入は年間20万円までは申告の必要はありません。

 

アルバイトも給与所得になりますが、税金が天引きされていれば、一応税金は払っていることになりますのでひとまず良しというところでしょうか?

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る