会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 「仕事をマトリクスで考える」について(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「仕事をマトリクスで考える」について(前編)

今月も台風が九州に接近とかで、本当に自然災害が心配ですね。

 

先日、とあるTV番組で“今でしょ”で有名な林先生が「仕事をマトリクスで考える」という手法について講義をされていました。

 

今回はこの【マトリクス】について話をしたいと思います。

 

マトリクスを使うと、物事を一定の基準で2分類したものをさらにもう一つの基準で2分類し、結果4分類にすることで、俯瞰的複合的に物事を単純化することができます。

 

仕事をマトリクスにあてはめると、下記のような図になります。

人はよく、自分がやりたい仕事をしたいと思っていますが、その場合、

 

  • やりたい仕事+できること(Aゾーン)
  • やりたい仕事+できないこと(Dゾーン)

があります。

 

Aゾーンなら問題ありませんが、クセモノはDゾーン。

 

どんなにやりたい仕事でも、できないことだと時間ばかりかかりすぎて成果はあがりません。

 

こういう場合、方向性が間違っているということになります。

 

(次回に続く) 株式会社大成経営開発 代表取締役会長 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る