会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 未来戦略セミナーで気付いたこと(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

未来戦略セミナーで気付いたこと(前編)

あっという間に2 月になりました。
皆様、インフルエンザが流行しているようですが、お元気でしょうか?

 

大成グループでは病院に行ってインフルエンザと診断された人は、完全に良くなるまで絶対に会社に来ないで下さいとお願いしております。熱がないから大丈夫などとは言わせません。この時期はみんなが事務所で机に向かう時間が長くなりますので、必ず移ります。
順番にバタバタいったら大変なことになります。今年に入って来るなと言われた人は2 人です。

 

先日、未来戦略セミナーに参加して勉強したこと、気付いたことをお話します。

 

今回は、新卒者の就職、または転職についてでした。新しく社会人になる人は、会社の知名度、会社の規模、待遇<給与・賞与・休み>など、転職する人は前職になかったものを求めていくのだと考えます。

入社する時、考えに考え抜いて選んだ会社でも、40%は辞めるそうです。
それはどうしてかと言うと、やりがい、生きがいがないということです。
それはお客様に喜んでいただいていないから、仕事をしても認められないということになるのです。

 

仕事の中にこそ人生があり、仕事の中で人間的成長があると思える価値観を共有できる人が集まった企業は強いです!!
私たちの職場に置き換えて考えてみると、会計事務所は外から見れば朝9 時から夕方6 時まで、土曜・日曜・祭日はお休み、ボーナスは年3 回あり、公務員に準ずるように思っている人も沢山いると思います。
でも実際は違います。会計事務所もサービス業であり、お客様にご指名いただいてこその事務所、困った時は大成さんと言っていただいてこそです。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る