会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 百年企業サークルで学んできたこと(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

百年企業サークルで学んできたこと(前編)

毎日走り回っているうちに、もう3 月になってしまいました。日々少しずつ暖かくなってきました。
春はもうすぐそこですね。確定申告も終盤に入り、私達もあと少しと、みんなで頑張ってます。
税理士の先生が書類を早く税務署へ送り込もうと、じゃんじゃん印鑑を押しています!

 

今日は、先日百年企業サークルで学んできたことをお話させていただきます。

全国に町おこしの仕掛人が沢山います。その人達がどうやって町を活性化させたのか、ご紹介します。

 

まず最初は、新潟の村上市の吉川さんです。

吉川さんは、町の中に大きな道路が通り近代化されようとしたのを反対し、町屋のお人形様めぐりというのを成功させ、観光客が何万人も来る町にした人です。
吉川さんは平成9 年にある人に出会い、村上が近代化されることを話したところ、村上ももう終わりだなと言われ、なぜですか?と尋ねたら、その人が「近代化されて成功した町はひとつもない。古き伝統を残し栄えた町は沢山ある。」と言われたそうです。
吉川さんはその夜眠れなかったそうです。町屋のお人形様めぐりを成功させて吉川さんが言ったことは、

 

① 出来る範囲で考えない
② みんなで頑張らない 全部自助努力
③ みんなで考えない

 

無謀と言われることをすることだそうです。

 

次に、愛媛県伊予市の若松進一さん(役場の地域振興課の課長さん)です。
この人は、何もない人口5,500 人の双海町の人で、夕日のミュージアムというユニークな美術館を作った人です。
この町のキャッチフレーズは、“沈む夕日が立ち止まる町”とロマンチックです。この取り組みを始めたのは20 年前とのこと。
今では沢山の家族連れやカップル等、年間55 万人が訪れます。
(ちなみに、観光客3 万人で1 億円の経済効果があると言います。)
(次回に続く)
株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る