会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 「石の上にも3年」(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「石の上にも3年」(前編)

7月になりました。今年もあっという間に後半戦がスタートしました。
例年よりも2週間位早く梅雨明けしたそうですが、毎日暑い日がやってきました。節電が叫ばれておりますが、皆様、くれぐれも熱中症にはお気を付けて下さいませ!

 

最近、昔から父や母に教えられてきた「石の上にも3年」と言う言葉は通用しなくなってきているのだなと感じています。それは忍耐力の欠如でしょうか?
遠い、遠い昔、まだ自分が新入社員の頃、上司から教えてもらったことを思い出しました。

 

「雨霜に打たれてこそ若芽は強く伸びる!」「逆境の中でこそ若芽は強く伸びる!」です。

 

幸運の女神は私たち人間ほど盲目ではありません。腕の良い航海士には風や波がいつも味方するように、幸運も、常に勤勉な人の肩を持つのです。
どんなに大変なこと、また難しいことを成し遂げる時でも、常識、集中力、勤勉、忍耐、この平凡な資源が一番役に立つといわれています。

 

どんな仕事でも、どんな会社でも、それを好きになるように心がけて、自分自身を慣らしていく事をしようとしている人は伸びてくる。新入社員の私は、何も考えずに「そうか」と納得しました。
だって自分で決めて夢と希望をもって入社した会社ですからね。それから、もう30年あまり過ぎましたが、本当にそうだなと思っています。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る