会長室から、こんど~です

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 会長室から、こんど~です > 遠藤友彦さんを御存じですか?(前編)

会長室から、こんど~です

会長近藤加代子が女性経営者ならではの視点や感性を生かし、中小企業の経営者や企業家をはじめとする皆様に役立つ情報をお届けする会長コラムです。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

遠藤友彦さんを御存じですか?(前編)

こんにちは! あぁ~やっと涼しくなりましたが、皆様今年の夏は暑かったですね。今度は風邪ひかないように、体調管理に御注意です。

 

先日福岡の勉強会でとても元気を頂いてきましたので、今日はその方のお話です。

 

遠藤友彦さんを御存じですか? 野球好きな人は御存じかも知れません。駒大苫小牧高校の甲子園二連覇・準優勝を陰で支え、今は人間教育をテーマに講演活動をされています。
この遠藤さんの著書に日本を救う!!「当たり前基準」と言うのがあります。遠藤さんの同志である小田島裕一さんが、何も知らないウガンダの尐年たちに野球を教えているのですが、それを現地へ行き目の当たりにしたそんな中から生まれた本です。

 

遠藤さんが講演に行ったとき質問されたそうです。「野球部の監督をしているのですが、どうも上手くいかない。自分の思った通りに選手がやってくれない。どうすればいいのでしょうか?」と。彼は「それは、あなたが本気でないからです!」と答えたそうです。その質問者が小田島裕一さんだったとのこと。

 

貧しい国(発展途上国)の子供たちには、人を思いやるなんて気持ちは全くなかったそうです。自分のことで(生きること)精一杯だからです。そんな子供たちにチームワークが大切な野球を教え、人を思いやることを教え、いわば当たり前の事を教えていきます。ウガンダの尐年たちを日本へ呼び、見事に国際交流を果たしていく、その様子が書かれています。ウガンダの子供たちを北海道に呼ぶ企画をしてから、実現に至るまで9カ月かかりました。一番困難だった資金集めも、素晴らしい縁に恵まれました。思いに賛同してくれた人達の凄さです。文章にすると簡単なようですが、大変な事です。

 

(次回に続く)

 

株式会社大成経営開発 代表取締役 近藤加代子

会長室から、こんど~ですの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る