いまさら聞けない相続税の仕組み

いまさら聞けない相続税の仕組み

相続対策の専門家が相続問題をさまざまな面から、分かりやすく解説する相続知恵袋です。なかなか人には聞けない相続問題。あなたにとって目からウロコが落ちる回答がきっとあります。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

年末の準備

平成30年度上半期(4月-9月)の全国企業倒産件数は4,124件で、前年同期比の2.2%の減少。

 

 

過去30年ではバブル景気時の1990年度上半期と1989年度上半期に次いで3番目に少ない件数と

 

 

なっております。

 

 

 

 

倒産原因は「事業上の失敗」が3年連続増加、従業員数が5名未満の構成比が74.5%と過去30年で

 

 

最高、また業種別では飲食業が増加しており、建築業は10年連続で前年同期を下回っていると統計が

 

 

出ております。

 

-東京商工リサーチより

 

 

 

会社はなぜ倒産するのか?

 

 

それは、「お金が足りない」事が原因です。

 

 

そして、利益が出ていてもお金が足らない時もあります。それを「黒字倒産」と言います。

 

 

黒字倒産の例を2つ

 

例1.

300円の商品を作るのに材料費が100円掛かります。手元には50円しかなく、

 

 

300円の商品は売れるには売れたけど入金があるのは2ヶ月後、しかし、材料費の

 

 

100円はすぐに支払わなければいけません。

 

 

例2. 

売上は300円、仕入は100円、人件費を含む経費は150円で利益は50円。

 

 

しかし、銀行からの借入金の返済が80円、収支は30円のマイナス

 

 

 

例1では

 

 

売上の未回収(売掛金)と仕入の未支払(買掛金)がある会社は注意が必要です。

 

 

もちろん、支払いより回収が早い事も大切ですが、回収がいつまでも出来ておらず、

 

 

未回収のままずっと帳簿に残っている。なんて事がないように。

 

 

また、成長中の良い会社は特に、取引量が多くなれば、それだけでも未回収のリスクも増えます。

 

 

また、商品の在庫が増えてませんか?儲けが在庫に代わり「売上は増えたけど、貯金がまったく

 

 

増えてない」という事はないでしょうか?

 

 

 

例2では

 

 

利益より、銀行の返済額が大きい会社は注意が必要です。

 

 

利益が改善しなければ、銀行の貯金が減っていくばかりです。商品の値上げ、販売数量の増加、

 

 

原価の圧縮、人件費の見直し、固定費の節約など、会社の仕組みを改善しなければいけません。

 

 

それでも返済が厳しい場合には、銀行の返済の仕方や借換えなどで少しでも返済額を少なくする

 

 

必要があると考えます。

 

 

 

まず、決算書や毎月の試算表を見て、お金の動きを検討してみては如何でしょう。

 

 

やたらと売掛金や在庫が増えている。など異常な数値が出ている場合には検証が必要と思います。

 

 

売上や利益も大切ですが、儲かったお金がどこにあるのかを知る事も大切です。

 

 

 

 

 

 

岡村泰

いまさら聞けない相続税の仕組みの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る