いまさら聞けない相続税の仕組み

いまさら聞けない相続税の仕組み

相続対策の専門家が相続問題をさまざまな面から、分かりやすく解説する相続知恵袋です。なかなか人には聞けない相続問題。あなたにとって目からウロコが落ちる回答がきっとあります。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「平成27年度 税制改正 相続税・贈与税編」

あけましておめでとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、今年よりいよいよ相続税の増税がスタート。そこで、今年(平成27年1月1日)から改正になる相続税・贈与税の税制の一部と相続に備えての優先順序を説明させて頂きます。

 

基礎控除が減り、最高税率も上がる!

例えば(遺産総額1億円、相続人3人の場合

上表の金額の場合、相続税の税率が5%増える事になります。これ以外の場合は従来通りです。最高税率が55%になってしまった事は該当する方にとっては大きな負担増と言えるでしょう。

 

 

今、必要な対策はなんですか?

相続は突然発生するもの、その時にあわてないように事前準備は必要です。では、その準備はみんな同じなのか?財産の多寡によって対処法の優先順位が異なります。

 

対策は、財産の多寡によって優先順位が異なります。

 

多くの不動産やその他財産、相続税が心配の方は右側、財産の多くは自宅であとは預貯金と言う方は左側の優先順位で対策を進められては如何でしょうか?

 

いずれにしても、今回の改正で、税金が掛かるか、掛からないか?の判断の為に財産の棚卸は必要です。

 

また、争族にならないような備えをしておく事をお勧めいたします

 

株式会社大成経営開発  岡村泰