いまさら聞けない相続税の仕組み

いまさら聞けない相続税の仕組み

相続対策の専門家が相続問題をさまざまな面から、分かりやすく解説する相続知恵袋です。なかなか人には聞けない相続問題。あなたにとって目からウロコが落ちる回答がきっとあります。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「おひとりさま相続」

ここ最近、お一人様相続に関する相談が増えてきています。

 

お一人様相続のケースは?

■相続人が子1人

父が先に亡くなり、母が亡くなった場合、兄弟姉妹がいない子1人

 

■子がいない配偶者

相続人が妻、夫の父母と兄弟姉妹

 

■亡くなった人が未婚者

妻や子がなく、相続人は父母、兄弟姉妹

 

■相続人なし

両親が既に亡くなり、兄弟姉妹もなく未婚

 

大きく分けますと、以上のケースがあるかと思います。

「未婚」や「少子化」の影響でしょうか?被相続人や相続人のお一人様が増えている傾向にあります。 上記すべてのケースに共通していえる事は、自分がお一人様と思ったら、まず、.相続人を確認して下さい。相続人が誰なのか?相続人はいないのか?はっきりする事が大切です。

 

上記4つケースでのトラブルなどをお話します。

■相続人が子1人

相続人が子1人であれば、遺産分割での争族は心配ないと思います。 しかし、相続税の税負担が多くなることが考えられます。生前から節税対策が必要です。

 

■子がいない配偶者

子がいない配偶者の場合の相続で多いトラブルは、夫の両親や兄弟姉妹との遺産分割での争族です。その場合、妻に多く相続させたい。または、自分の家系に多く相続させたいなど考えが様々あるかと思います。遺言書を作成する等で自分の意思を伝える事も必要と思います。

 

■亡くなった人が未婚

妻も子もなく、両親も既に他界、相続人が兄弟姉妹というケースで、多いトラブルは兄弟姉妹での争族です。効果的な対策としては遺言書の作成です。信頼がある兄弟姉妹、またはお世話になった人に遺言書で分割する事は、兄弟姉妹に遺留分がありませんので、円滑に相続する事が出来ます。

 

■相続人なし

相続する人いないまま亡くなった場合、その財産を受け取る為には特別縁故者の手続きが必要になる等、時間や手間が多く掛かります。対策として、遺言書の作成や養子縁組の手続きも効果的であると思います。

 

お一人様にはいろんなトラブルやその対応策があります。

自分がお一人様、相続人がお一人様、周りのお一人様がいらっしゃればお考え頂いたら如何でしょうか? お一人様のお悩みは、何でもご相談ください。

 

株式会社大成経営開発  岡村泰


Fatal error: Call to undefined function make_monthly_archive_link() in /home/taiseikeiei/taiseikeiei.co.jp/public_html/blog/succession/wp-content/themes/ecco/index.php on line 73