経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識 > 『なぜ儲かるか?何が儲かるか?』(前編-1)

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

『なぜ儲かるか?何が儲かるか?』(前編-1)

みなさま明けましておめでとうございます。

 

私は、人生今回が52回目の明けましてみたいです!!人生あっという間ですね!!

 

お正月は、如何でしたでしょうか?

 

人生50年、振り返りますね!!私もあと10年余りが、現場でしょうか???人生のゴールに向かって今年も邁進したいと思っています!!今年もグループ企業で色々の事が、目白押しです!!この様なことを考えていると、また今年もすぐ終わるのでしょう!!

 

ところで今月は、正月号なので明るく景気良く『儲かる話』をしてみたいと思います。

 

仕事柄お客様からよく聞かれることで『何が儲かりますか?』という事に対する私の考え方及び実際に儲かっている会社やそのモデルについてお話しをさせて頂きたいと思います!!

 

私はまず『何が儲かるか?』については、その前にすべての業種で儲かることは出来ると考えています。

 

それは今までの経験が、言わせているみたいです。何が儲かるかの前にまず第一は、人財』次第だと思います。事業を行ううえでの能力以上の経営哲学や人生観を通した経営感だと思います。

 

そのいい事例が、生きた教科書である稲盛和夫さんではないでしょうか?京セラを創業し、第二電電を起こし、日本航空を再生させた経緯について本を読みお話を聞くにつけその様に痛感します。

 

(次回に続く)

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る