経営まめ知識

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

今後20年間の熊本経済~九州経済~日本経済~世界経済について(後編)

世界はアジアの時代である事は、以前お話したと思います。

 

熊本経済である弊社の顧問先企業様に目を向けてみると非常に厳しい状況です。
一部団塊を相手にした業種又は全ての衣・食・住がなくなる訳ではないので元気企業もあります。
しかし確実に絶対量が減ってきています。

 

弊社の新年の挨拶で話したのですが、『10 年後わたしたちの顧問先は半分はなくなっていると思って、弊社もグループ企業のイノベーションにより人間的成長とサービス商品の向上でお客様へのサポートに全力を尽くしましょう』と話をしました。
今年ほどお客様のおかれた状況を考えた時に、危機感を感じた年はありませんでした。

 

人口減でパイが縮小し続ける熊本経済~九州経済~日本経済の中で、世界経済とくにアジア経済は拡大成長していきます。
道州制の導入・消費税の増税、社会保障費の増大などが迫っています。

 

これからが本格的な中小企業の倒産・廃業・合併・移転などが本格的に始まります。
今現在の産業データによりますと、熊本に限らず東京23 区でもバブル期以上の中小企業の倒産件数です。
人間はいつかは死にますが、企業は社会的責任としてゴーイング・コンサーン(永続)です。
したがって、孫子の戦いの哲学の中で話しました3つの戦いの中で、一番最初の時代との戦いという環境との戦いがあります。
このような乱世・淘汰の時代はどうすればいいのか?

 

オンリーワンになる事をお勧めします。

自社の強みを知り戦略を描いてください、いいものを残し伸ばし、悪い所をなくし捨てる覚悟が必要です。

 

選択と集中です。熊本を調べてください。九州を調べてください。
そして、日本と世界も調べてください。きっと答えがあるものです。
5年後、10 年後のために今日を考えて動いてください。
私は、顧問先の皆様のために世界から日本から一番いいものを・一番早く・一番確実な方法で、みなさまへ情報同様にお届けできるように奔走しています。

 

熊本・東京・ベトナム・その他の仕事で、忙しさは増すばかりです。
顧問先のみなさまを中心に毎月ベトナムへの視察団を含め、顧問先向け・日本人向けの日本とおなじ財務コンサルサービス体制を確立しつつあります。
ベトナムに限らず世界からみなさまに、人・物・金・情報などを提供できればと考えています。

 

海外視察希望の場合は担当へご相談下さい。
石本が対応させていただきます。

 

また来月お話しできる事を楽しみにしています。

 

大成経営コンサルティンググループ 代表取締役会長兼CEO 石本義弘

ページトップへ戻る