経営まめ知識

ホーム > お役立ち情報&ブログ > 経営まめ知識

経営まめ知識

日本全国、世界各地を飛び回って様々な経営者と出逢ってきた、グループ会議長石本義弘が、経営に活かせるノウハウやすぐに使える知識などをお伝えします。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

ミシュランに学ぶ(前編)

最近日本人シェフが初めてミシュラン3つ星を獲得してニュースに

なりました。また、年末までミシュラン3つ星を目指すシェフ達の

ドラマをやっていたので、とてもタイムリーな話題でもありました。


私もはじめて星の基準を知ったのですが、

3つ星・・・それを味わうために旅行する価値がある卓越した

      料理を出す店に与えられる

2つ星・・・極めて美味しく遠回りしてでも訪れる価値がある料理を

      出す店に与えられる

1つ星・・・その分野で特に美味しい料理を出す店に与えられる

以上が、星の評価基準だそうです。

ここで星の評価基準に疑問が生じたのですが、

なぜこんな基準になっているのでしょうか?




ミシュランガイドを発行しているミシュランは、1889年創業の

フランスのタイヤメーカーです。タイヤメーカーとしても、

ブリヂストン、ピレリ、コンチネンタル、グッドイヤーと並ぶ

世界的企業になります。




後編に続く

経営まめ知識の以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る