いまさら聞けない相続税の仕組み

ホーム > お役立ち情報&ブログ > いまさら聞けない相続税の仕組み > 「住宅取得控除と住宅ローン控除」

いまさら聞けない相続税の仕組み

相続対策の専門家が相続問題をさまざまな面から、分かりやすく解説する相続知恵袋です。なかなか人には聞けない相続問題。あなたにとって目からウロコが落ちる回答がきっとあります。毎月発信しておりますので、ぜひご覧ください。

「住宅取得控除と住宅ローン控除」

所得税の確定申告の時期になりました。

早めの申告をおススメします。

 

さて、今月は、住宅取得資金の贈与を受けた場合の住宅ローン控除のお話です。

ともに住宅を購入する場合の資金調達に関する優遇税制です。

 

【住宅取得資金の贈与+住宅ローン借入額≦住宅の購入額】

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンと住宅資金贈与額を合わせても住宅購入価額と同額もしくは、少なかった場合は住宅ローンの全額が住宅ローン控除の対象となります。

 

 

 

【住宅取得資金の贈与+住宅ローン借入額>住宅の購入額】

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンと住宅資金贈与を合わせた金額の方が、住宅購入価額より多かった場合には、超過した金額は、住宅ローン控除は出来ません。

 

上記の場合、超過した500万円については、居住用家屋を取得するローンと見なされません。

 

ちなみに、住宅取得資金の贈与と相続時精算課税制度と2つの贈与税の特例制度の適用を受ける事も出来ます。確定申告の事なら、なんでもお任せください。

 

株式会社大成経営開発  岡村泰

いまさら聞けない相続税の仕組みの以前の記事

月別アーカイブ


ページトップへ戻る